PASSIVE DESIGN
「光」と「風」を生かしたパッシブデザイン

HOME | デザイン | パッシブデザイン

PASSIVE

自然の力を生かす

全面の開口から廊下にも光や風が入る
光と風をコントロール

夏と冬の温暖差が激しい栃木県で一年中快適に暮らすためには、基本的な断熱性能が優れていることは重要なことです。
そして、それに加えて設計においても自然の力を上手に生かす手法が重要になります。
夏の暑い日には、日差しをできるだけ部屋の中に入れない工夫が大切になります。太陽の高度が高いので、設計で窓の高さを考慮したり、表に庇を付けたりすることで暑い日差しをシャットアウトできます。
逆に、冬の寒い日にはできるだけ部屋の中まで日差しを取り入れることで、省エネで快適な室内が実現します。
また、風が気持ち良い季節には、できるだけ自然の風を取り入れて快適さをコントロールすることも重要です。風通しは窓の配置によって大きく影響しますので、最初の設計段階から検討する必要があります。
このように、アイシークリエーションでは、敷地の方位や建物のデザインの中でできるだけパッシブな設計を考えて提案しています。

光や風、空気の流れを考えて作られた開口部
リビング部分は明るく家中に光や風が入るように開口部を設置

デザインを構成する4つの要素